welcome

Mission

弊社は「若手が惹かれ、育ち、次代を担う組織の実現」を支援します。

組織の実践知が若手に還元され、若手の生命知が組織に還元される

グローバル化、技術革新、個人の価値観の多様化により、社会の複雑性、不確実性は増し、どの企業にも少なからず変化が求められています。

今までの組織運営は、経験や実績の豊富なリーダーが組織の指針を決めて、その方向に向かってリソースを注いていくことが通常でした。そのために若手社員を「管理」する方が、組織を統制し、リソースを一点に注ぎ込むことに適していました。

しかし働く意義や働き方の価値観が多様化する中で、管理的な志向が強い組織からは、若手の心が離れてしまう傾向が強くなっています。

一方で組織運営においても、変化が激しい時代においては過去の経験や成功パターン、それが作り出した固定観念こそが現実を見落とし、組織を衰退へと導いてしまう要因になりかねません。むしろ経験も実績もない若手の感性や考え方が、固定観念に縛られずに現実をよく捉えていることが往々にしてあります。

私たちが描く理想の組織と個人の関係は、「管理する組織と管理される個人」ではなく、「相互作用により変化し続けられる組織と個人」です。
そのためにはビジネスの中で物事を進めていく「実践知」を若手に還元すると同時に、今まで「管理」によって排除されていた若手が持っている「生命知」を組織に還元し、変化に生かしていくことが重要です。


welcome

「若手が惹かれ、育ち、次代を担う組織」とは、組織主導で各自の意見が排除されることなく、むしろ「個人の多様な意見を主導として変化し続けられる組織」です。
それを実現することが、結果的に多様性が高まる今の時代に適した、強く、しなやかで、持続可能な組織体を作ります。

私たちは、人材開発と組織開発を通して、これらの実現を支援いたします。

支援の詳細はService